女性プログラマが就職する際に抱く不安

女性がプログラマとして働いていく上で不安になるのは仕事としての忙しさの程度と男性しかほとんどいない職場環境である。
仕事が忙しくて大変であるということは、IT業界を目指す人であれば誰でも知っていることではあるが、現場によってその忙しさも異なることから、実際に就職してその忙しさが自分の許容範囲に入るのかどうかということが不安になる。

結婚してからも働き続けたいと思う女性にとっては、出産のために仕事場を離れたり、育児のために仕事に費やせる時間が減ってしまった場合、それを認めれもらえる職場なのかどうかということは大きな焦点になる。
一方、そういった際に男性しか職場にほとんどいないというのが辛い面となる。
出産や育児について、相談をしようにも考え方の男女差が大きいことから理解が得られない可能性が高く、相談できる相手が見つかってもなかなか納得のいく話につながっていかないのである。
事実として、結婚や出産を契機として職場を離れることになる場合が多く、プログラマとして仕事を続けるのが難しい状況が如実に表されている。

その一方で、派遣プログラマやフリーエンジニアとして、IT業界に復帰する女性も増えてきている。企業で仕事を続けていくのは難しくても、派遣・フリーランスでIT業界の一部を担う道は開かれてきている。

復職の機会があることを念頭において、ライフステージに合った仕事に就くことが増えていくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です