ライフステージと女性プログラマの仕事先

女性がプログラマとしての仕事を探すときには、自分のライフステージと将来設計を考えることが大切である。
これから結婚をして子供を育てていくことを考える場合には、IT業界の最先端において中心的な役割を担っていくことは難しい。
プロジェクトの進行途中で離職されることは企業にとっては、痛恨の打撃となってしまうためである。
そのため、育児に余裕がでてきた頃に、再度仕事を手に入れることを見越したキャリア重視の仕事探しが重要になる。
大企業に勤めて幅広い経験を積むか、ベンチャー企業でトレンドに特化したキャリアを積むかによって、将来の役に立つスキルが変わってくる。

一方、既に家庭をもっていて育児も済んできた段階にある場合には、その後の生き方を考えて仕事を探すのが良い。
今まで培ってきたスキルとは別に、専門分野を決めて仕事をすることを見越して、就職の前にスキルアップが必要になる場合も多い。もともとキャリアを積んでいれが、それを活かして仕事探しも可能であるが、ブランクが問題になるときには、派遣社員として働いて肩ならしをするのもよいだろう。

また、家事等との両立を考えてフリーエンジニアになるのも良い方法の一つである。
女性向けのビジネス業界から、女性プログラマを対象とした求人募集も増えてきていることから、活躍できる場も広くなってきている。
そのため、就職先を探すよりもかえって容易に仕事を見つけることができる傾向が強いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です