女性プログラマの年収と今後の課題

女性プログラマの年収は、平均すると300万円から400万円程度であると言われている。
他の一般的な仕事と同じように稼いでいけるので、IT系の専門学校に通い始める女性の数も年々増えてきているのが実情だ。プログラミングの世界は性差がほとんど影響しないために、女性でもバリバリ働いて出世をしていくことができる世界なのだ。
上流工程に携わることができるまでスキルを高められれば、年収は1000万円オーバーも軽く見込めるのである。

他にも、プログラミングをやっていれば個人でツールやゲームを作って世界に公開することができ、それらを有料販売することで大きな収入を得ることもできる。こういった副業の可能性というのは、他の職種にはなかなかないものなので狙ってみる価値はある仕事だ。

世の中には女の人が男性に負けずにできる仕事は多々あるが、プログラミングはまさにその代表例だと言えるだろう。
しかし、そういったメリットの割にはまだまだ現場には女の人の数が少ないと言われている。
これにはいくつかの理由があって、それこそ政府や企業の努力によって解消されるべきものであるとの認識が広まっているのだ。

まず、労働環境の改善が何よりも求められている。早急に長時間労働を改めて、労働者がストレスなく働ける環境作りを進めていくことこそが、女の人の力を日本社会に役立てる一番の薬になることは専門家たちの間でも意見の一致するポイントなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です