女性のプロフェッショナルも集まる業界

IT業界においてプログラマの比率は圧倒的に男性の方が高い状況がある。
しかし、その職場の状況を考えると、業界によっては男性ばかりではないところも増えてきている。
プログラミングが必要となる業界が広くなってきたためであり、その現場で必要とされるスタッフの中に女性がいるという状況が生まれてきているのである。

一般的なシステム開発の業界や、ネットワークやデータベースを扱うような情報技術の根本を担う業界においては、男性が優勢な職場が多い。
しかし、情報技術の応用面を重視する業界においては、性別を問わずに進出が進んでいる傾向がある。
Web業界においては、デザイナーやライターの需要があり、そういった仕事を担う女性が増えてきているからである。

また、ゲーム業界におけるイラストレーターや声優といった仕事もそれに該当する。
デザインやイラストといった芸術が関わる業界においては、男女共にプロフェッショナルが存在していることから、その活躍したいと考える場所としてIT業界も選ばれるようになってきているのである。
こういった状況ができてきたことにより、現場に花があるようになってきているものの、プログラミングに関わる職業に着目するとやはり男性が多い。

しかし、在宅プログラマやフリーエンジニアという形で、活躍する女性も見られるようになってきていることから、企業に就職してプログラマとして働く人材も将来的には増加していくことが期待される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です